人間の価値は、俺への貢献で決まる。

最近はカップルを見ても、「さようなら」という、見送る感情しか湧かない。
お見合い結婚で生まれてきた俺とは、遺伝子レベルで違う人達だ。

俺は赤坂に移るかも知れない。
国会議事堂はすぐそこだ。
苦手なことは徹底的にやらないようにしたら、別のものが見えてきた。

人間の値打ちは、見た目で決まると思っていたが、その実、俺は他人を、「俺の役に立つか」でレーティングしていることがわかった。
俺の役に立たないなら、どんなに見た目が良くてもゴミだ。
いてもいなくても、俺の人生はまったく変わらない。

水呑にも心はあるのだろうが、俺に貢献しないならゴミだ。
世の中には、ゴミに見えないゴミというのが多い。
どんなに上手く化けおおせようが、ゴミはゴミだ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。